利便性の高いカードレスキャッシング

かつてはキャッシングといえば借入の際にローンカードの発行が必要不可欠となっていましたが、最近ではカードを必要としないカードレスキャッシングを行なう金融機関も登場しており、キャッシング自体の利便性向上にもつながっています。

ローンカードを必要としないキャッシングとはどのようなものなのか、カードレスキャッシングのメリットや仕組みについて紹介していきます。

ローンカードがスマホに取って変わる時代

カードレスキャッシングが可能となった背景には、スマホによるアプリ利用などのシステム面での進歩が挙げられます。

アプリやサイト利用によってアカウントを作成してログインすることによる個人認証が容易になったことで、これまで利用者を識別するために使われていたローンカードの役割が不要になったという側面もあります。

カードレスキャッシングではインターネットを利用してキャッシングした金額を指定口座に振り込むといった使われ方が多く、スマホさえあればどこにいても手続きができるためスピーディな借入を実現できるというメリットがあります。

しかし、ATMから現金を引き出す際にはいまだ多くの銀行や消費者金融でもローンカードが必要になり、現金の引き出しには不向きな面もあります。

スマホATMなど一部の業者ではスマホだけでATMから現金を引き出すことが可能なサービスも始まっており、今後このような取り組みが広がることでカードレスキャッシングがしやすくなる可能性もあります。

ローンカードだけでなくペーパーレスを導入しているところも

キャッシングの際にはローンカードだけでなく家に郵送物が送られてくることを気にする方もいますが、消費者金融を中心に利用明細や契約書などをスマホアプリから確認することができるようにすることでペーパーレスでのキャッシングを実現しているところもあります。

とくに大手消費者金融各社ではペーパーレス以外にも利用者が使える専用アプリを通じて借入額や残高、返済期限などがすぐに見られるようになっており、借入限度額の増額申請や申し込み時の本人確認書類の提出をアプリから行なうことも可能です。

金融機関によってはATMから現金を引き出す際にどうしてもローンカードが必要になることもありますが、無人契約機を利用することでその場でカードを発行することもでき、このような設備を活用することで誰もが利用しやすいサービスを提供しています。

カードレスは迅速なキャッシングの強い味方

キャッシングの申し込みについてはサイトからのネット申し込みが当たり前のように行われていましたが、カードレスでのサービスを導入したことでスピーディなキャッシングを実現できるようになっています。

とくに消費者金融では最短即日でのキャッシングも可能で、カードを必要としない銀行振込でのキャッシングでも幅広い時間に対応している会社もあります。

カードレスキャッシングを導入している消費者金融としてはプロミスやモビットが有名で、指定口座を開設することでカードレスが利用できたり、迅速な振込キャッシングができるようになるなど、さらにお得に利用することができます。

まとめ

キャッシングの利便性を高めるうえで、カードレスは大きな取り組みといえます。

今後は買い物などにおいても現金ではなくキャッシュカードやスマホ決済を利用したキャッシュレス化が進んでいくとみられ、振込によるキャッシングのニーズが高まればキャッシングにおいてカードレスが当たり前のようになっていくことも考えられます。

Posted by cardloan